fbpx

【裏地交換】パターン(型紙)で決まる着心地

パターン(型紙)が命

レザーウエアで、何よりも着心地を左右するのは本体と裏地のサイズ感です。このサイズ感が合っていないと、どこかしらに違和感を感じます。

 

本体より裏地が大きいと、袖を通した時にゴワゴワしたり裏地が余って袖口から出てしまったりします。
逆に本体より裏地が小さいと、窮屈な着心地になり、引っ張られているような感覚になります。

ほんの少しの誤差でも、着心地に大きな影響を与えてしまいます。

 

 

アルティジャーノでは、パターンが何よりも大切だと考えています。

 

 

どんな状態でも大丈夫

 

 

裏地がどんな状態になっても、交換することができます。諦めるのはまだ早いです。
元の裏地を丁寧にアイロン掛けし、長年の経験によりパターンを取ります。
各部のサイズを測り、本体と裏地を合わせていきます。

 

万が一、原形を留めていないほどの状態になった裏地でも大丈夫。独自の特殊な技術によりパターンを取る事が可能です。

 

リサイズ_ジャケット・コート_身幅詰め

 

些細なことでも裏地のことでストレスを感じている方は、まずはお問い合わせください。部分交換もいたします。

 


友だち追加

090-6787-3017    

「【裏地交換】パターン(型紙)で決まる着心地」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 【リフォーム】ジャケット 総裏地交換 - 革リメイク REMAKE by artigiano(アルティジャーノ )

  2. ピンバック: 東京都東村山市 O様【リフォーム】総裏地交換 - 革リメイク REMAKE by artigiano(アルティジャーノ )

コメントは受け付けていません。